産経ニュース

民進・蓮舫代表会見詳報 共産からのラブコール「民進の国家像打ち出すのが先」 カジノ法案「射幸心の問題がある」と慎重

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・蓮舫代表会見詳報 共産からのラブコール「民進の国家像打ち出すのが先」 カジノ法案「射幸心の問題がある」と慎重

民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影) 民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影)

 「率直なところ、自民党の憲法草案を礎にバージョンアップしていくという発言には驚きました。家族観、国防軍を含めて、自民憲法草案の中身は、立憲主義を全く理解していない。本当に検討に値するのだろうかと思える条文も多々ある。それをバージョンアップするというのは、どこを目指しているか説明してほしい」

 「私たちは憲法9条を守っていく。これまでも、これからも大切にする。他方で、地方自治のあり方は、時代に応じて積極的にならないといけないと思うが、立法府にいて、今の憲法に支障があるから、法改正に支障がでるという作業に私はぶつかったことはない」

 --昨日の憲法審査会で民進党の白真勲参院議員が 「安保法を放置して、憲法論議しない」と発言したが、党としての考えか

 「えっと、安保法制の白紙を求めていく考えには変わらない。ただ、白委員のお話なられたのは白さんのお考えだと思う」

 --自由党の小沢一郎代表と野田佳彦幹事長が恩讐を超えて食事をしている。志位氏から食事に誘われたらどうする?

 「…日程は非公表なので」

 --首相がドナルド・トランプ次期米大統領との会談に出発した。安全保障やTPPなど今後を占う会談になると思う

続きを読む

関連ニュース

共産・志位和夫委員長、民進・蓮舫代表との「両思い」を模索 野党連合政権構想を諦めず

「ニュース」のランキング