産経ニュース

【インド首相来日】インド高速鉄道は日本が受注、それとも中国か インドネシアの受注競争が再燃

ニュース 政治

記事詳細

更新

【インド首相来日】
インド高速鉄道は日本が受注、それとも中国か インドネシアの受注競争が再燃

新幹線の前で記念撮影した安倍首相(左)とインドのモディ首相=JR東京駅(代表撮影) 新幹線の前で記念撮影した安倍首相(左)とインドのモディ首相=JR東京駅(代表撮影)

 安倍晋三首相は、インドのモディ首相との11日の会談で、インド全土の高速鉄道計画に日本の新幹線方式の採用を働き掛けた。中国はインドにも触手を伸ばしており、予断を許さない。

 日印両政府は2015年12月の首脳会談で、インド西部のムンバイとアーメダバードを結ぶ約505キロの高速鉄道建設に、日本の新幹線方式を導入することで合意。インドはデリー首都圏、ムンバイ、チェンナイ、コルカタの四大都市を高速鉄道で結ぶ構想を掲げ、日本外交筋は「世界最高水準の新幹線技術で、インド側の信頼を得られる」と全路線受注に期待する。

 だが、中国は隣国インドとの経済協力に積極的で、デリー首都圏とチェンナイを結ぶ高速鉄道建設の事業化調査を実施。10月には他区間でも調査することで合意するなど巻き返しに懸命だ。日本は昨年、インドネシアの高速鉄道受注で中国に敗れた。日本メーカー関係者は「有望なインド市場を明け渡すわけにはいかない」と危機感を募らせている。(共同)

このニュースの写真

  • インド高速鉄道は日本が受注、それとも中国か インドネシアの受注競争が再燃

「ニュース」のランキング