産経ニュース

【小池知事定例会見録】「世界標準とかけ離れた慣行が世界の金融機関を海外へ追いやった」クリントン氏敗北「残念ながら女性の間で共感を生まなかった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「世界標準とかけ離れた慣行が世界の金融機関を海外へ追いやった」クリントン氏敗北「残念ながら女性の間で共感を生まなかった」

 --JR博多駅前で大きな陥没事故を受けて担当部局に対策や指示は

 「まさしく驚くような事態となり、これを他山の石として、東京の場合はどうなのかということで、改めて点検するように、その日のうちに指示をいたしました。そういう中で、都道内で占用工事を行っている全事業者に対して、担当局の方から安全対策の徹底についても通知をしたところでございます。既にいろいろと報道されているように、幾つかの工法がございますけれども、東京都におきましては、福岡で活用しているような工法はとっていないということであります」

 「一方で、これは道路の一番大きな課題になっておりますメンテナンス、つまり、老朽化に伴いまして、いろいろとメンテナンス、維持をしていかなければいけないと、交換などしていかなければならないということでもございますので、そういった点で、全体のチェックというのも進める」

 「それから、これは日常的に目視による巡回が行われておりまして、路面の異常を発見した場合には壊れている破損箇所の復旧を行うということは、これは日常的に行っている。それから、目視でできない場合の路面の下の空間について、空洞について、久しぶりにこの言葉を使いますけれども、大型の埋設物がある路線などを対象として、これは、今度は地中レーダーというものを使いまして、このレーダーによって空洞が発見された場合には、そこを充填し、その空洞を塞ぐという形で、道路が陥没しないように未然の防止に努めているということでございます」

 「そして、道路の巡回点検の頻度でありますけれども、管内の道路は大体3日で一巡しているということであります。それから、路面の下の空洞調査でございますけれども、これは大体区部を中心として毎年150キロメートル程度実施するようにいたしておりまして、年間にすれば約230件、空洞が見つかるということでございます。かなりこの地下のインフラということも老朽化しているということから、今後も、そういった事態を未然に防ぐという、そのような方針で行きたいと考えております」

続きを読む

「ニュース」のランキング