産経ニュース

民進党・江田憲司代表代行、連合の民共連携批判に「応援部隊とは8割方、方向性が一致すればいい」候補者調整を問題視せず

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進党・江田憲司代表代行、連合の民共連携批判に「応援部隊とは8割方、方向性が一致すればいい」候補者調整を問題視せず

 民進党の江田憲司代表代行は11日の記者会見で、党最大の支持団体の連合が、次期衆院選で共産党との選挙協力に慎重な姿勢を示していることについて「政党と応援部隊は8割方、方向性が一致すればいい。別組織なのだから」と述べ、両党間の候補者調整には問題ないとの認識を示した。

 江田氏は、「連合の政策提言は極力尊重しつつ、意見の違うところは、民進党が主体的に国益に照らして(判断すべき)」と主張。蓮舫代表が「政治理念や基本政策が一致しない政党とは政権を組まない」と言及していることを指摘したうえで「(平成6年の自民、社会、さきがけ各党による)「自社さ政権」と違い、私たちは『組まない』といっている。それ以上のことは、選挙戦術、応用動作の問題だ」と述べた。

「ニュース」のランキング