産経ニュース

経団連、コンピューターが不審な通信、ウイルス感染の可能性高い

ニュース 政治

記事詳細

更新


経団連、コンピューターが不審な通信、ウイルス感染の可能性高い

 経団連は10日、経団連の事務局のコンピューターから外部に対して、不審な通信を行われていたと発表した。ウイルス感染や情報が漏洩(ろうえい)していた可能性があるとして、緊急対策チームを設置して対処を進める。

 原因や状況は現状では不明だが、ウイルス感染によって、外部から事務局のパソコンが乗っ取られた可能性が高い。

 経団連によると経団連事務局の12台のパソコンから、深夜早朝の時間帯に、データが外部に向け通信がされていることが、情報セキュリティー会社のチェックによってわかった。情報漏洩の可能性もあり、その場合、経団連の各種提言に関する資料や、委員会の名簿などが含まれている可能性がある。

「ニュース」のランキング