産経ニュース

経産省が残業削減でテレワーク導入へ まず国会答弁作成「帰宅後に自宅でやって」

ニュース 政治

記事詳細

更新


経産省が残業削減でテレワーク導入へ まず国会答弁作成「帰宅後に自宅でやって」

 世耕弘成経済産業相は8日の閣議後記者会見で、国会質疑の対応で待機する職員の残業時間を削減するため、ITを活用し職場以外の場所で働くテレワークを来年の通常国会から本格的に導入する考えを明らかにした。答弁を自宅で作成できる環境を整え、安倍晋三政権が重視する「働き方改革」に率先して取り組む。

 既に今臨時国会から、世耕氏自身がセキュリティー環境を整えたタブレット端末を使って答弁内容を自宅で“予習”し、通常は2時間程度かかった朝の答弁勉強会を数十分に短縮している。

 来年の通常国会からは担当職員が自宅で国会答弁を作れるようシステムを整備し、「子供の宿題を見ながら作業ができる環境を整えたい」(世耕氏)という。

 国会での質疑は、議員が事前に質問内容を役所側へ通告し、担当者が答弁を作成する仕組み。関係部署と調整する必要があり、通告が遅くなれば残業が深夜に及ぶことも珍しくない。

 世耕氏は「国会答弁作りは最もテレワークに適した仕事だと考えていた。(役所に)ずっと待機するのではなく、家に帰って必要があれば作業に参加する形をとりたい」と話している。

「ニュース」のランキング