産経ニュース

また農水相、森喜朗元首相の“忠告”も効き目なし 山本有二氏の失言でTPPの衆院通過に暗雲、野党幹部「最低でも不信任案だ」

ニュース 政治

記事詳細

更新


また農水相、森喜朗元首相の“忠告”も効き目なし 山本有二氏の失言でTPPの衆院通過に暗雲、野党幹部「最低でも不信任案だ」

衆院TPP特別委員会で、民進党の升田世喜男氏の質問に答える山本有二農水相=1日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院TPP特別委員会で、民進党の升田世喜男氏の質問に答える山本有二農水相=1日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 与野党は1日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案について2日の衆院特別委員会と4日の衆院本会議で採決することで合意した。しかし、山本有二農林水産相が1日夜、承認案の強行採決に言及した自らの発言を念頭に「冗談を言ったら首になりそうになった」と再び発言。野党は山本氏への不信任決議案提出も視野に反発を強めており、4日の衆院通過の日程は流動的だ。

 山本氏は自民党議員のパーティーで、「強行採決」発言後に森喜朗元首相から電話があったと紹介。「パーティーで冗談を言うなよ」と注意されたことを明らかにした上で、「冗談」発言に及んだ。

 山本氏はこの後、菅義偉官房長官に電話で謝罪。菅氏は「微妙な時期だから気を付けてほしい」と注意した。安倍晋三首相は初当選同期議員との会合中に一報を受け、出席者によると、「首相は気分が悪いという顔をしていた」という。

続きを読む

「ニュース」のランキング