産経ニュース

【鳥取・平井知事講演録(下)】米子鬼太郎空港開港の日、原作者の水木しげるさんが取材陣にまさかの発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

ニュース 政治

記事詳細

更新

【鳥取・平井知事講演録(下)】
米子鬼太郎空港開港の日、原作者の水木しげるさんが取材陣にまさかの発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

講演する鳥取県の平井伸治知事=20日、東京都千代田区の日本記者クラブ(撮影者:高原大観) 講演する鳥取県の平井伸治知事=20日、東京都千代田区の日本記者クラブ(撮影者:高原大観)

 「さらに障害者の文化芸術。これを広げていこうと、35の都道府県のご協力をいただきました。正式に東京オリ・パラの文化オリンピアードのイベントに位置づけられました。10月の30日、鳥取県米子市でキックオフが行われます。ぜひ障害者の内面における輝き、皆さんが頑張ろうとしていることを見ていただければと思います」

 「あのベートーベンが『第九』を作曲したとき、耳がまったく聞こえていないんです。しかし後世に残る芸術作品を作ることができている。ですから障害者だ、健常者だというのは私たちの偏見なんだと私は思います。それを理解していただく機会になればと思います」

 「鳥取県はお肌がきれいな人が多いといわれます。島根県もいわれます。あるシンクタンクが調査したところによると、鳥取は一番ストレスが少ないと出ました。特にママ友のストレスがないとのことです。子供の数が多くないので、コミュニティーのなかでお互い協力して子育てする。これがよかったんですね。高齢者が多いので、介護のストレスは東京より高めに出ます。それでも差し引きするとナンバーワンということになりました」

 カニに70万円の高値はついたものの…

 「いよいよカニの季節になって参りました。11月の6日にズワイガニも解禁されます。カニの季節になりますと、鳥取県もいよいよ蟹取県(かにとりけん)に改名いたしました。カニがとれなくなると、また鳥取県に戻します。季節に応じて県名が変わると。今鳥取に来ていただけますと、ウェルカニキャンペーンというものをやっておりまして、抽選でカニが当たります。実は去年の11月7日の初捕りのときに鳥取のカニは70万円という高値がつきました。五輝星(いつきぼし)というブランドです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 米子鬼太郎空港開港の日、原作者の水木しげるさんが取材陣にまさかの発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

関連ニュース

【鳥取・平井知事講演録(上)】ネットで話題呼んだ「スタバはないがスナバはある」発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

「ニュース」のランキング