産経ニュース

北極圏LNG開発に600億円 対ロシア経済協力 国際協力銀調印へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


北極圏LNG開発に600億円 対ロシア経済協力 国際協力銀調印へ

 日本政府が検討する対露経済協力の一環で、国際協力銀行(JBIC)がロシア資源大手ノバテクの主導する北極圏ヤマル半島での液化天然ガス(LNG)基地開発に対し、欧州の金融機関と約6億ドル(約600億円)の協調融資を実施する方針を固めたことが19日、分かった。近く調印する。北極海航路を通じてLNGを極東ウラジオストクに運び、一大輸出拠点を築く計画もあり、経済協力の目玉となる可能性がある。

 日本は世界最大のLNG輸入国で、地理的に近い極東から転売自由で安いLNGを輸入できれば日本企業の競争力を強化できる。また、北極圏のLNG基地開発への協力はロシア側が日本に強く求めており、政府には今回の協調融資を通じて開発を後押しすることでプーチン露大統領の12月の来日時に北方領土問題を含む平和条約締結交渉の進展につなげる狙いがある。

 協調融資はイタリア外国貿易保険(SACE)と仏コファス(COFACE)の計3行で実施し、JBICの分担は2億ドル程度とみられる。基地開発には中国の金融機関やロシアのファンドなどが既に融資しており、総事業費は300億ドル強に上る。

続きを読む

関連ニュース

シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める

「ニュース」のランキング