産経ニュース

【TPP】「気の緩みだ!」政府・自民に公明激怒 山本有二農水相も「強行採決」、発言撤回も衆院TPP特別委は紛糾

ニュース 政治

記事詳細

更新

【TPP】
「気の緩みだ!」政府・自民に公明激怒 山本有二農水相も「強行採決」、発言撤回も衆院TPP特別委は紛糾

衆院TPP特別委員会が開会され、自らの発言を取り消しお詫びする山本有二農水相=19日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院TPP特別委員会が開会され、自らの発言を取り消しお詫びする山本有二農水相=19日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 「強行採決」発言は野党の格好の攻撃材料となった。山本氏は特別委理事会で「不適切な発言をして申し訳ない」と謝罪。それでも民進党は19日の審議を拒み、正常化の条件として山本氏辞任と、塩谷立委員長(自民)による「強行採決をしない」との念書を提出するよう突きつけた。

 山本氏は予定より約6時間遅れて始まった19日夜の特別委で重ねて謝罪したが、民進、共産両党は「おかしい。強行だ」と訴えて退席。両党欠席のまま、採決の前提となる地方公聴会の24日開催が与党と日本維新の会の賛成で決まった。

 首相は17日の特別委で「わが党は強行採決をしようと考えたことはない」と明言したばかり。政府・与党は月内の衆院通過方針を崩さないが、無理な国会運営をせざるを得なくなった自民党幹部は、こう心情を吐露した。

 「山本氏に『バカヤロー!』と叫びたいよ…」(田中一世)

関連ニュース

山本有二農水相、TPP特別委で「強行採決」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席

「ニュース」のランキング