産経ニュース

【TPP】山本有二農水相、特別委で「強行採決」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席

ニュース 政治

記事詳細

更新

【TPP】
山本有二農水相、特別委で「強行採決」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席

衆院TPP特別委員会が開会され、自らの発言を取り消しお詫びする山本有二農水相=19日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院TPP特別委員会が開会され、自らの発言を取り消しお詫びする山本有二農水相=19日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 山本有二農水相の発言をめぐり空転していた衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会は19日夜、審議を開始。山本氏は、TPP承認案の強行採決が選択肢になると受け取れる自らの発言に関し「『採決は国会で決めることだ』との意をお伝えしたかった。いずれにせよ発言を撤回し、おわび申し上げる」と陳謝した。

 審議開始に反対していた民進、共産両党は開始直前、「これも強行だ」「強行で凶暴だ」などと抗議して退席。日本維新の会の質疑のみを行い、約30分で閉会した。

 山本氏は18日夜に開かれた佐藤勉衆院議院運営委員長(自民党)のパーティーで「野党は『強行採決するやろ』と安倍晋三首相に聞くが、私は内心思っている。強行採決するかどうかは佐藤さんが決めるんだと」と述べた。

関連ニュース

【TPP】民進・安住淳代表代行「国会審議への影響避けられない」 山本有二農水相が特別委理事会で謝罪するも、審議はストップ

「ニュース」のランキング