産経ニュース

拉致議連が元国連調査委員会委員長のカービー氏と意見交換

ニュース 政治

記事詳細

更新


拉致議連が元国連調査委員会委員長のカービー氏と意見交換

 超党派の「拉致救出議員連盟」(会長・平沼赳夫元経済産業相)は19日、国会内で、元北朝鮮における人権に関する国連調査委員会委員長のマイケル・カービー氏と意見交換した。

 会合で平沼氏は「諦めずに今後とも国連の力を借り、国際間の協調の中でこの問題を一歩でも二歩でも前進させていきたい」とあいさつ。

 カービー氏は「北朝鮮による人道に反する行動に対し、立ち向かうことが必要だ」と強調。その上で「拉致被害者が日本に戻れるように努力していきたい」と協力する考えを示した。

 会合では、拉致疑惑がある米国人青年のデービッド・スネドン氏や、北朝鮮の国連資格の停止などについても意見が交わされた。

関連ニュース

松本京子さん、平壌で入院か 北が拉致 韓国家族会情報

「ニュース」のランキング