産経ニュース

【TPP】民進・安住淳代表代行「国会審議への影響避けられない」 山本有二農水相が特別委理事会で謝罪するも、審議はストップ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【TPP】
民進・安住淳代表代行「国会審議への影響避けられない」 山本有二農水相が特別委理事会で謝罪するも、審議はストップ

山本有二農水相(斎藤良雄撮影) 山本有二農水相(斎藤良雄撮影)

 民進党の安住淳代表代行は19日の記者会見で、山本有二農林水産相が18日に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案を強行採決する可能性に言及したことについて、「国会審議に影響が出ることは避けられない重い発言だ」と強く非難した。

 安住氏は山本氏の責任に関し「辞任する、しないという短絡的な話ではない」と断った上で「(特別委の)質疑が行き詰まっているわけでもないのに、審議を妨害するような発言を所管の閣僚がなぜするのか。資質も含めて議論する」と述べた。

 これに先立ち衆院TPP特別委員会は19日午後、理事会を開き、山本氏が「不適切な発言をして申し訳なかった」と謝罪して発言を撤回する考えを示した。野党側は「謝って済む問題ではない。責任を取ってほしい」と追及し、審議を拒否。理事会はいったん休憩に入り、午後1時に予定されていた特別委の開始のメドは立っていない。

 民進党などは理事会で、塩谷立(しおのや・りゅう)委員長に対し、強行採決をしないと確約する文書の提示を求めたが、塩谷氏は回答を保留した。

関連ニュース

【TPP】民進・蓮舫代表ら「巨大与党バックにした政府のおごり」と反発 山本有二農水相の「強行採決」発言に

「ニュース」のランキング