産経ニュース

自民・高村正彦副総裁 合区解消には「改憲が必要」 党内にPT設置を明言

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民・高村正彦副総裁 合区解消には「改憲が必要」 党内にPT設置を明言

高村正彦・自民党副総裁 高村正彦・自民党副総裁

 自民党の高村正彦副総裁は19日、党憲法改正草案について「草案に触れられていなくても、今の時点で大切なことは提案する可能性がある」と指摘した。具体的には、参院の「一票の格差」を是正するため、隣接県を一つの選挙区にする「合区」解消に向けた改憲も提案するテーマの一つとして例示した。党本部で記者団に語った。

 同時に、合区解消に向け、党の「憲法改正推進本部」など3機関合同で新たなプロジェクトチーム(PT)を近く設置する考えを明らかにした。高村氏は「最高裁の判例に従えば、単なる法律改正では無理だ。なんらかの憲法改正が必要になってくるので、早急にプロジェクトチームをつくり検討したい」と述べた。

 改正草案の扱いに関しては「そのまま衆参両院の憲法審査会に出すのはあり得ないし、その中の一部を出すにしても、現時点で吟味した上で提出することになる」と強調した。

関連ニュース

吉田博美参院幹事長、参院自民に「合区」解消検討機関設置を表明 「時間がかかる」とも

「ニュース」のランキング