産経ニュース

【TPP】民進・蓮舫代表ら「巨大与党バックにした政府のおごり」と反発 山本有二農水相の「強行採決」発言に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【TPP】
民進・蓮舫代表ら「巨大与党バックにした政府のおごり」と反発 山本有二農水相の「強行採決」発言に

民進党の蓮舫代表 民進党の蓮舫代表

 山本有二農林水産相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案の国会審議をめぐり、強行採決の可能性に言及した件を受け、「慎重かつ丁寧な審議」を求めてきた民進党からは19日午前、反発の声が相次いだ。

 蓮舫代表は参院本会議前の党会合で、安倍晋三首相(自民党総裁)が18日の衆院TPP特別委員会で「結党以来、自民党は強行採決を念頭に運営したことはない」と答弁したことを引き合いに、山本氏の発言を批判。「政府の中で意見が統一されていないことが明らかになった」と述べた。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は記者会見で「閣僚として極めて不適切で、信じられない発言だ」と不快感を表明し、「今の巨大与党をバックにした政府のおごりであり、緩みの極みだ」と非難した。

 その上で19日午後に開かれる衆院TPP特別委で、山本氏に発言の真意をただす考えを示した。

 山本氏は18日夜、都内で開かれた自民党の佐藤勉衆院議院運営委員長のパーティーで、TPP承認案の審議をめぐり「強行採決するかどうかは佐藤氏が決める。だから私は、はせ参じた」と発言した。

このニュースの写真

  • 民進・蓮舫代表ら「巨大与党バックにした政府のおごり」と反発 山本有二農水相の「強行採決」発言に

関連ニュース

【記者会見動画】民進党が蓮舫氏の会見動画をユーチューブから削除要請 自民との対応の違い際立つ

「ニュース」のランキング