産経ニュース

【憲法改正】自民党、与野党協調路線で「狂ったシナリオ」の修正狙うが、改憲項目絞り込みの日程も描けず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
自民党、与野党協調路線で「狂ったシナリオ」の修正狙うが、改憲項目絞り込みの日程も描けず

 「建設的な議論に期待したいが、各党が冷静に議論できるよう妥協も必要だ」

 そもそも昨年2月、当時の推進本部長だった船田元氏は「早ければ28年秋、遅くても29年春の国会で発議することを目指す」と明言した。民主党(現民進党)とも具体的な改憲項目として、緊急事態条項を議論することが必要だとの認識で一致していた。

 だが、その最短シナリオを実現するのは極めて困難となっている。衆院憲法審査会で昨年6月、自民党推薦の参考人が安全保障関連法案を違憲と断じたことなどから野党側を勢いづかせ、憲法審査会は長く「休眠」状態が続いてきた。

 自民党が与野党協調の姿勢を示し、ようやく憲法審査会は27日にも再開する見通しとなったが、今国会で改憲項目を絞り込めるかは見通せないままだ。

(田中一世)

関連ニュース

【憲法改正】自民党が改憲議論を再始動 改憲草案を国会では「封印」し、与野党合意目指す 27日にも衆院憲法審再開

「ニュース」のランキング