産経ニュース

【靖国参拝】韓国外務省「憂慮と失望禁じ得ない」 安倍首相は名指しせず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【靖国参拝】
韓国外務省「憂慮と失望禁じ得ない」 安倍首相は名指しせず

集団参拝を終えた「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の尾辻秀久会長(中央手前)ら=18日午前、東京・九段北 集団参拝を終えた「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の尾辻秀久会長(中央手前)ら=18日午前、東京・九段北

 【ソウル=名村隆寛】靖国神社の秋季例大祭に合わせ安倍晋三首相が供物を奉納し、超党派の議員連盟が集団参拝したことに対し、韓国外務省は18日、「深い憂慮と失望を禁じ得ない」と批判する報道官論評を出した。

 論評は靖国神社を「過去の侵略戦争を美化している」とし、日本の政治家らが「正しい歴史認識に基づき、歴史に対する謙虚な省察と真摯(しんし)な反省を行動で示すこと」を求めた。論評では、「日本の政府と議会の政治指導者ら」が奉納、参拝したと表現。安倍首相を名指しせず、奉納から1日経っての論評発表だった。

関連ニュース

超党派議連が靖国参拝 約90人参加

「ニュース」のランキング