産経ニュース

社民・又市征治幹事長「蓮舫代表は世論読み誤った」「民進党はグラグラしている」

ニュース 政治

記事詳細

更新


社民・又市征治幹事長「蓮舫代表は世論読み誤った」「民進党はグラグラしている」

14日、新潟県知事選で候補者の応援演説をする民進党の蓮舫代表=新潟市 14日、新潟県知事選で候補者の応援演説をする民進党の蓮舫代表=新潟市

 社民党の又市征治幹事長は18日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が新潟県知事選の最終盤になって野党候補の応援に駆けつけたことについて「県民の世論を読み誤られたのではないか。『自公VS野党連合』の構図が明確となり、期待が寄せられたことを民進党もしっかり受け止めてほしい」と苦言を呈した。

 新潟県知事選では、共産、社民、自由の野党3党が推薦した米山隆一氏が勝利したが、民進党は最後まで推薦を出さず、「自主投票」で臨んだ。

 又市氏は、民進党の野党共闘に対するスタンスに関しても「野党共闘を積み上げてきた岡田(克也前代表)執行部とその枠外の人々との思惑の違いがある。依然として共産党が入るのはけしからんという人や、脱原発を主張する候補者は嫌だとか言う組合がある」と指摘し、「そういうはざまで、執行部がちょっとグラグラしているように見える」と語った。

関連ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】蓮舫代表の「二重国籍」はまだくすぶっていた 本人の問題意識はまるで希薄だが国民の目は厳しい

「ニュース」のランキング