産経ニュース

海自P1哨戒機、初の海外訓練 11月、ニュージーランドへ

ニュース 政治

記事詳細

更新


海自P1哨戒機、初の海外訓練 11月、ニュージーランドへ

 海上自衛隊は18日、ニュージーランド周辺海域で11月中旬に行われる多国間共同訓練に、初の国産ジェット哨戒機P1を2機派遣すると発表した。平成25年に配備が始まった最新鋭のP1が海外訓練に参加するのは初めて。参加各国と潜水艦の探知訓練などを行う。

 P1を巡っては、ニュージーランドの国防相が今年6月、中谷元・前防衛相との会談で関心を示している。将来的に日本から輸出する可能性も視野に、訓練を通じて性能をアピールする狙いもある。

 海自によると、P1は現在主力のP3Cに比べ巡航高度と速度が約1・3倍、航続距離が8千キロで約1・2倍。25年3月から神奈川県の厚木航空基地に順次配備され、領海の警戒監視活動などに当たっている。

関連ニュース

【国民の自衛官横顔(8)】海自横須賀警備隊本部 すけ(魚へんに生)川(がわ)好夫海曹長(48) 危険と隣り合わせで潜水1万6000時間無事故

「ニュース」のランキング