産経ニュース

自民の憲法改正推進本部スタート 保岡興治本部長「党の草案そのまま提案しない」

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民の憲法改正推進本部スタート 保岡興治本部長「党の草案そのまま提案しない」

自民党憲法改正推進本部の全体会合で、あいさつする本部長の保岡興治氏=18日午後、東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影) 自民党憲法改正推進本部の全体会合で、あいさつする本部長の保岡興治氏=18日午後、東京・永田町の自民党本部(斎藤良雄撮影)

 自民党の憲法改正推進本部(本部長・保岡興治元法相)は18日、改憲論議を活発化させるため、7月の参院選後初の全体会合を開いた。保岡氏は、民進党が撤回を求めている平成24年の党改憲草案について「党の公式文書の中の一つ」と位置付けた上で、「草案やその一部をそのまま(衆院憲法)審査会に提案することは考えていない」と述べ、民進党に歩み寄る姿勢を示した。

 これに先立ち、衆院憲法審査会の与野党筆頭幹事が協議し、審査会の幹事懇談会を20日に開くことで一致。早ければ27日にも審査会が行われ、実質的な論議が再開される可能性が出てきた。

 また、日本維新の会の馬場伸幸幹事長らは18日午前、衆院憲法審査会の森英介会長(自民党)と国会内で会談した。維新側は憲法改正をテーマに早期に議論を始めるよう求め、森氏は理解を示した。

関連ニュース

公明・井上義久幹事長、憲法改正の党内議論「今月中にも開始」

「ニュース」のランキング