産経ニュース

「市場との緊密な対話を」 麻生財務相が超長期債など国債管理政策で

ニュース 政治

記事詳細

更新


「市場との緊密な対話を」 麻生財務相が超長期債など国債管理政策で

 麻生太郎財務相は18日の閣議後の記者会見で、国債管理政策について「市場動向を注視しつつ、市場との緊密な対話に基づいて推進する」との考えを示した。

 麻生氏は「国債の安定的な消化が一番の問題」と強調し、「(国債管理政策で)懇談会の有識者の意見を踏まえる」と話した。

 日銀の大規模金融緩和に伴う低金利環境を生かし、財務省は9月に40年債の増発を決めた。政府内には超長期債のさらなる増発を求める声もある。ただ10月17日に開催された有識者による「国の債務管理の在り方に関する懇談会」では超長期債の増発は慎重に行うべきだとの意見も一部で上がった。

関連ニュース

日銀の新たな枠組み2週間、国債購入減額で長期金利が上昇 

「ニュース」のランキング