産経ニュース

【生前退位】自民・二階俊博幹事長、有識者会議を「静かに見守る」 民進・野田佳彦幹事長「政府に誘導されず議論を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【生前退位】
自民・二階俊博幹事長、有識者会議を「静かに見守る」 民進・野田佳彦幹事長「政府に誘導されず議論を」

天皇陛下の公務負担軽減等に関する有識者会議に臨むメンバーら=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影) 天皇陛下の公務負担軽減等に関する有識者会議に臨むメンバーら=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影)

 天皇陛下の「生前退位」をめぐる政府の有識者会議が始まった17日、与野党幹部からは、来年にも予想される法改正も見据え、さまざまな声があがった。

自民党・二階俊博幹事長

 「有識者会議というのは、有識者にお任せしているわけだから、有識者会議が議論して、ある一定の方向、お考えがまとまれば公表されるだろう。われわれはそれについて若干の意見を申し述べるとはいえ、有識者のご議論に対し、今は静かに見守るということが良いのではないかと思っている」

民進党・野田佳彦幹事長

 「有識者会議の論点整理では、国民の総意に基づく象徴天皇のあり方を議論する。曇りのない目で国民がどこに関心を持っているかを踏まえ、政府に誘導されず、しっかり議論してもらいたい。党の皇位検討委員会も、それをにらみながら集約に向けて静かに議論を進めたい。(法改正まで)どういう運びにするか、政府には細心の注意を払ってほしい」

続きを読む

関連ニュース

【生前退位】6年前に「退位」のご意向聞く 元参与の三谷氏「驚きだった」「平成30年めどに実現を」

「ニュース」のランキング