産経ニュース

【生前退位】有識者会議会見詳報(下)今井敬座長、女性・女系天皇の議論は「首相の諮問に入っていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【生前退位】
有識者会議会見詳報(下)今井敬座長、女性・女系天皇の議論は「首相の諮問に入っていない」

会議後、会見する有識者会議座長の今井敬氏(左)と、座長代理の御厨貴氏=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影) 会議後、会見する有識者会議座長の今井敬氏(左)と、座長代理の御厨貴氏=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影)

 今井氏「今回の諮問を首相から受けた中では、そういうことは入っておりません。それは改めて、ということになるのではないでしょうか。公務負担の軽減を検討する」

 御厨氏「基本的には今回のこの天皇の公務軽減ということを一つの柱にして、ここで考えられることは一体どういうものがあるのだろうかということを抽出していく。ある程度スピードを考えないといけないので、そこはおそらく、もちろん最終的に門戸は開くと思うが、しかしそれを全部含めて結論を出そうというわけではなくて、とりあえず第一段階のとりまとめを、まずはやりたい」

 --この会議が果たすべき議論の歴史的な意義は

 今井氏「天皇陛下のお言葉、大変率直で、今の状況としておやりになっていることが本当にですね、僕は涙が出るほど立派だと思いました。しかし、これは天皇陛下自らおっしゃっているように個人の意見だということなので、きっかけになった、首相も重く受け止めて、とおっしゃっているが、天皇陛下のご発言とは切り離して考えていきたい。天皇が政府に関わったということではないので、そういうことで検討していく」

 御厨氏「同じですね。陛下がお気持ちを出されたということ。それが一つの事実としてあるが、われわれの検討はそこからいったん離れて。それとして検討していく。ここがつながっているわけではなくて、いったんは切れていて、政府の側として何ができるかをあらためて考えるということ」

続きを読む

関連ニュース

【生前退位】有識者会議会見詳報(上)今井敬座長「国民の理解が深まるよう努める」

「ニュース」のランキング