産経ニュース

【新潟県知事選】ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新潟県知事選】
ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ

開票速報で当確が伝えられ、バンザイをして喜ぶ米山隆一氏(右から2人目)と陣営の幹部ら=16日、新潟市中央 開票速報で当確が伝えられ、バンザイをして喜ぶ米山隆一氏(右から2人目)と陣営の幹部ら=16日、新潟市中央

 野党は16日投開票の新潟県知事選で、事実上の野党統一候補の米山隆一氏=共産、自由、社民推薦=が自民、公明両党の推薦候補を破ったことで、次期衆院選に向けた野党共闘路線を加速させる構えだ。ただ民進党にとって、支持母体の連合との足並みの乱れが露呈し、共闘路線が共産党主導で進むことへの懸念も広がりそうだ。(清宮真一)

 ■ポスター貼りも遊説も共産が前面に

 前面に立って米山氏を支援した共産党は16日夜、志位和夫委員長が党本部で記者会見し、「全国で野党と市民の新たな共闘を促す歴史的勝利だ」と強調。次期衆院選に向け野党間の候補者調整を急ぐ考えを示した。自由党の小沢一郎代表も「安倍晋三政権打倒の一点で野党共闘を積極的に進める」との談話を出した。

 民進党は今回、米山氏を推薦せず、「自主投票」で臨んだ。米山氏は民進党の衆院新潟5区の公認予定候補だったが、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の是非をめぐり、共産党とともに「再稼働反対」を明言したため、電力関係の労働組合を傘下に持つ連合新潟が反発。蓮舫代表は介入を避け、自主投票とした。

 選挙戦では、共産党は志位氏ら幹部が新潟入りしたほか、地元党員が先頭になって米山氏のポスター貼りを実施するなど、前面に立って支援した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ
  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ
  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ
  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ
  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ
  • ちぐはぐ対応に終始…民進に忍び寄る“共産主導”への懸念 米山隆一氏勝利も連合とは足並み乱れ

関連ニュース

【新潟県知事選】与党痛恨、野党共闘に“成功体験”与えてしまい…解散戦略に影響、TPP審議にも暗雲

「ニュース」のランキング