産経ニュース

【小池知事定例会見録】夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

 「ともに埼玉県の会場だと思います。それぞれ、もう既に調査チームの方でも分析をいただいているところでございますけれども、埼玉県の方から熱いご要請というのはいまだ聞いておりません。戸田は、まさしく64年の東京大会で、いかに国際ルールが変わるかということも、歴史が変わるとルールも変わるのだというのを改めて感じるところでございます。いずれにしましても、やはり地元のご要望というのも大変重要ではないかと、このように思っております」

 --石原元知事の回答は覚えていないなどが多かったということだが、元知事の道義的責任などはどのように考えているのか

 「今日、回答書を受け取ったばかりでございます。最初は、(石原氏側が)会いたいと、いろいろ伝えたいということでありましたけども、そこで逆に、高齢のため(書面で)という話がございました。何ていうのでしょうか、やはり都合の悪いことをむしろ今、私どもにお伝えいただかないと、明確な答えにつながっていかないのではないかと私は思います。その意味で、これまでも作家生活、何よりも東京都知事を続けてこられたということのいろいろなご功績を無になさらないように私はしていただきたいと、こう強く思っております」

 --議会が終わりほっとしたとのことだが、昨日は皆さん非常に温かい迎え方だったと思うが、初登庁のときとはギャップもあった。今、ほぼ議会は“小池与党状態”だという認識か

 「二元代表制であるわけですけれども、同じく都民に選ばれて、都民の代表であると。その都民が、Aという都民と、全く違うBという都民ではないと思います。その意味で、結果として、今回のさまざまな議案についてご討議をいただけたと思います。それから、やはり都民の皆様方のさまざまな意見が、このところ非常に、沸騰するかのように出てきているということも、ご理解といいましょうか、それを踏まえてのことではないかと、このように思っております」

続きを読む

「ニュース」のランキング