産経ニュース

【小池知事定例会見録】夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

 「そういった意味で、(村井)知事自身が、非常に意欲があるということでございますし、また、これによってどういうことができるか。先方が、その気が全くなくて、(東京都側が)押し付けるなんていうこともおかしな話でございますし、先方も意欲があってということで初めて選択肢になり得るのではないかと、その会談を通じて思ったところでございます」

 --調査報告書の中には、移転案として、長沼以外に、例えば、長良川ですとか彩湖も名前が挙がっていた。(埼玉の)上田知事とか(岐阜県の)古田(肇)知事にアプローチは。

 「上田知事からは、埼玉は、主要な競技がもう既に会場として埼玉にやってくることになっているので十分ですというお話をいただいております」

 --調査報告書が出る前に、(五輪会場の)移転案として名前が挙がりそうな場所の知事とやりとりすることをどう考えるのか

 「いろいろな方、知事がお見えになっています。まさしく古田知事もお見えになっております、岐阜の。これは表敬というか、以前、通商産業省時代からの友人ということもあって、いろいろな知事が、いろいろなご挨拶に来られますので、(報告書が出る前に知事らと会うことが)おかしいということには当たらないと思います」

 --市場長の交代は更迭的な意味合いもあるのか

 「正直申し上げまして、総務局の理事職というのは、これは市場長より格下になることになります。そういった意味では、公務員としてのピラミッドからすれば、2歩ほど後退という形になり、それをもって処分というのかどうか、ご判断いただければと思います」

 「一方で、そういう中でも、やはりこの市場の問題というのは、ある意味で歴史があって、そして、今回、ずっと答弁や報告書の作成等々に実際に当たってきたのも市場長でありますので、それは全く外れてしまうというよりは、それを引き続きサポートするということで、そういった肩書で仕事をしてもらうということでございます」

続きを読む

「ニュース」のランキング