産経ニュース

【山本雄史の野党ウオッチ】小池百合子東京都知事へのリスペクトを隠そうとしない蓮舫代表だが… 新党ができれば、困るのは民進党のはず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【山本雄史の野党ウオッチ】
小池百合子東京都知事へのリスペクトを隠そうとしない蓮舫代表だが… 新党ができれば、困るのは民進党のはず

面会する東京都の小池百合子知事(右)と民進党の蓮舫代表=9月23日午後、東京都庁(川口良介撮影) 面会する東京都の小池百合子知事(右)と民進党の蓮舫代表=9月23日午後、東京都庁(川口良介撮影)

 当然、その傾向が国政選挙に波及することは十分考えられる。一方、裏を返せば低迷する国政の民進党議員にとって、小池新党は救命ボートにもなり得る。

 実際、民進党のある国会議員は「5人以上集めて小池新党を年内につくってしまう手はある。小池氏の同意が必要だが、国政に足場ができるのは向こうにとっても都合がいいではないか」と語っている。

 蓮舫氏をはじめ、小池氏にすり寄ろうとする傾向が強い民進党だが、残念ながら、小池氏からは歓迎されていない。

 9月23日の小池氏との会談では、蓮舫氏が五輪開催費の削減について「メスを入れられるのであれば(国政でも)協力させてください」と述べたが、小池氏からは踏み込んだ回答はなかったとされる。

 小池氏周辺は「小池氏は五輪開催費に最初から切り込もうと、選挙中から準備してきた。当選後、すぐに外部有識者に試算させ、水泳会場など額の大きい3施設の整備費に着目し、代替案も用意した。今のところ、民進党の協力は全く必要ない」と断言した。

 年末年始の衆院選が取り沙汰されている。民進党は小池氏には抱きつけない以上、自力で党勢拡大の活路を開くしかなさそうだ。

このニュースの写真

  • 小池百合子東京都知事へのリスペクトを隠そうとしない蓮舫代表だが… 新党ができれば、困るのは民進党のはず
  • 小池百合子東京都知事へのリスペクトを隠そうとしない蓮舫代表だが… 新党ができれば、困るのは民進党のはず

関連ニュース

【清宮真一の野党ウオッチ】民進・野田佳彦幹事長「寝技」に自信あり… でも「レンコン自称も汚れ役は無理」との党内世論

「ニュース」のランキング