産経ニュース

【参院代表質問】安倍晋三首相「気をつけよう甘い言葉と民進党」は「国民の信任を得た」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院代表質問】
安倍晋三首相「気をつけよう甘い言葉と民進党」は「国民の信任を得た」

 安倍晋三首相は29日の参院本会議で、自身が7月の参院選で述べた「気をつけよう甘い言葉と民進党」という言葉について、「信任を得た」と胸を張った。

 民進党の小川敏夫参院議員会長はこの発言について、「国民の判断を求めるに当たり、政治家は真摯な議論を行わねばならない。発言は大変に不真面目な発言であり、具体性がない誹謗中傷で、わが国を代表する一国の首相の発言として恥ずかしい低俗なものだ」と批判した。

 その上で、安倍首相が選挙での約束を果たしていないとして「気をつけよう甘い言葉と安倍総理、と言葉を返す」と述べた。

 これに対し首相は「選挙では各政党のリーダーは街頭に出て、他党との違いをわかりやすい言葉で訴える。一つ一つの発言は選挙結果にも大きく影響を与えるもので、責任を伴う。その上で、参院選で国民の審判をいただいた。結果、私たちは改選過半数という目標を大きく上回る信任を国民からいただいた」と述べ、自らの発言が圧倒的な信任を得たとの認識を示した。

「ニュース」のランキング