産経ニュース

【蓮舫「二重国籍」疑惑】民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【蓮舫「二重国籍」疑惑】
民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報

定例会見で記者の質問に答える民進党の蓮舫代表=23日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 定例会見で記者の質問に答える民進党の蓮舫代表=23日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 「台湾籍は、離脱手続きが完了した。その証書をいただいたので、日本の国籍法にのっとって、手続きをしているところだ」

 --台湾当局から連絡があったのは、いつか。また党代表選の最中、蓮舫氏は候補者の共同記者会見で「1つの中国」原則に言及された。台湾側では「台湾は国ではない」と言われたと受け止めている。発言の真意は

 「限られた時間の中で、私個人のことだけが、候補者3人の中で聞かれたから、短い時間で答えなければならない必要性があって、誤解を生んだかもしれないが、台湾は台湾の方にとってみたら、自分たちの祖国と思っている。ただ日本からしてみたら、中国の考え方を理解し、尊重するという考え方だ。それは、わが国の見方と全く同じと認識してください」

 --連絡があったのは

 「午前中だ」

 --台湾籍の問題について民進党内でも、蓮舫氏の説明が二転三転したことに不信の声が出ている。民進党内の声にどうこたえるか

 「基本的には、おひとりおひとり、私に聞いてくる方もおられるので、その都度、丁寧に答えて、説明させていただいている」

 --台湾籍を離脱したとなれば、台湾のパスポートを返納する必要があると思うが、手続きは

 「今回、(台湾)籍の離脱を(台湾当局に)お願いするときに、当局から言われた申請書類を全て提出しているが、その中に私が子供だったときのパスポートもあった。提出している」

このニュースの写真

  • 民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報
  • 民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報
  • 民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報
  • 民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報
  • 民進党の蓮舫代表「私の事実認識が混同し、適切な手続きを理解すること妨げていた」 記者会見詳報

関連ニュース

【蓮舫「二重国籍」疑惑】台湾籍、離脱手続き完了 民進・蓮舫氏が明かす

「ニュース」のランキング