産経ニュース

【築地移転延期】新たに1棟でたまり水 都議会公明、民進が確認、計4施設に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【築地移転延期】
新たに1棟でたまり水 都議会公明、民進が確認、計4施設に

豊洲市場の加工パッケージ棟の地下空洞。一面に水がたまっている=23日、江東区(都議会民進党提供) 豊洲市場の加工パッケージ棟の地下空洞。一面に水がたまっている=23日、江東区(都議会民進党提供)

 豊洲市場の盛り土問題で、新たに「加工パッケージ棟」の地下空洞にも水がたまっていることが23日、分かった。視察した都議会公明党、民進党がそれぞれ明らかにした。これで地下空洞がある5施設のうち、計4施設で水がたまっていたことになる。

 東京都はこれまで、青果棟▽水産仲卸売場棟▽水産卸売場棟-の3施設の地下空洞で水がたまっていたと発表し、報道陣に公開。残り2施設については建設工事中とし、確認できていないと説明していた。

 両党は23日、加工パッケージ棟、管理施設棟を視察。加工パッケージ棟の地下空洞は底面がコンクリートで覆われていたが水がたまっていた。民進党が調べたところ、水深は26センチあった。

 管理施設棟の地下は各棟に電気を供給する高圧電線などが配置されているため壁や底面を防水加工しており、水はたまっていなかった。

関連ニュース

【築地移転延期】環境アセスにも「盛り土を行う」と記載 大幅変更には1年以上も 豊洲市場への移転延期期間長期化か

「ニュース」のランキング