産経ニュース

衆院東京10区補選 自民公認の若狭勝氏「都と国の橋渡しする」と決意表明

ニュース 政治

記事詳細

更新


衆院東京10区補選 自民公認の若狭勝氏「都と国の橋渡しする」と決意表明

「東京都と豊島区の未来を語る会」で講演した小池百合子都知事(左)。右は東京10区補選に出馬する若狭勝氏=23日午後、東京都豊島区(撮影・春名中) 「東京都と豊島区の未来を語る会」で講演した小池百合子都知事(左)。右は東京10区補選に出馬する若狭勝氏=23日午後、東京都豊島区(撮影・春名中)

 自民党の若狭勝衆院議員(比例東京)が23日、党本部で記者会見し、党公認が内定した衆院東京10区補欠選挙(10月23日投開票)への出馬を正式表明した。

 東京都知事選で小池百合子知事を支援した経緯に触れ、「私は都と国の橋渡しができる立場にある。よりよき方向に力を尽くしたい」と決意を語った。

 小池氏からは「自民党の公認になることはいいことだ」と激励されたことも明らかにした。

関連ニュース

自民、衆院10区補選で若狭勝氏擁立決定 都連に不満残るも…小池百合子都知事との関係修復優先

「ニュース」のランキング