産経ニュース

キューバの医療事情深刻、革命の根幹維持に不可欠

ニュース 政治

記事詳細

更新


キューバの医療事情深刻、革命の根幹維持に不可欠

キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(左)と歓迎式典に臨む安倍首相=22日、キューバ・ハバナ(共同) キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(左)と歓迎式典に臨む安倍首相=22日、キューバ・ハバナ(共同)

 キューバ政府が22日、医療機器導入に関する日本の無償資金協力実施で合意したのは、社会主義革命政権が教育と並んで国の根幹に位置付け、国民に無料で提供する医療の分野でサービスの質を向上させ、ニーズに応えることが不可欠だからだ。

 キューバでは、米国の経済制裁などの影響で最新の医療機器や薬品はおろか、医療関係者によると、手袋などの基本的な物資も不足するなど状況は深刻だという。日本には、キューバが重視する医療分野の協力強化で信頼と実績を残し、キューバでの存在感を高めたいとの狙いがある。

 ただ、国民の死因第1位のがんでは、治療に有効なケースが多い放射線器具は、米企業しか生産していないことも。米国との国交回復後も経済制裁のため、米医療機器メーカーや製薬会社との製品の取引は基本的に禁止だ。(共同)

このニュースの写真

  • キューバの医療事情深刻、革命の根幹維持に不可欠

関連ニュース

キューバ紙に安倍晋三首相、両国関係「活性化したい」

「ニュース」のランキング