産経ニュース

キューバ紙に安倍晋三首相、両国関係「活性化したい」

ニュース 政治

記事詳細

更新


キューバ紙に安倍晋三首相、両国関係「活性化したい」

米国大使館のそばを通り過ぎる乗用車=21日、ハバナ(ロイター) 米国大使館のそばを通り過ぎる乗用車=21日、ハバナ(ロイター)

 キューバの共産党機関紙グランマ(電子版)は21日、同国を日本の首相として初めて訪問する安倍晋三首相との書面インタビュー記事を掲載。安倍氏はキューバのラウル・カストロ国家評議会議長と「両国の将来を語り合い、交流の歴史を再び活性化したい」と述べた。

 安倍氏は貿易や観光、学術などの幅広い分野で「率直な対話を実現したい。日本がキューバの経済社会発展に尽力することを議長にお伝えする」としたほか非同盟諸国に大きな影響力を持つキューバと「国連安全保障理事会改革や核軍縮、アジア情勢」などで意見交換したい意向を示した。

 また、医療に力を入れるキューバに機材の供与や技術協力を進めたい考えを示した。キューバの対日債務の大幅な免除で合意したことで「経済関係拡大の期待が高まった」とも述べた。(共同)

関連ニュース

【湯浅博の世界読解】米を巡り、互いに利害が一致したときだけ手を結ぶ中露 一方で安倍首相の対露外交は危なっかしく…

「ニュース」のランキング