産経ニュース

安倍晋三首相、国連総会で一般討論演説 対北「異なる次元の脅威。明確な態度を」 対中念頭「力や威圧に頼らず法の支配を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、国連総会で一般討論演説 対北「異なる次元の脅威。明確な態度を」 対中念頭「力や威圧に頼らず法の支配を」

 21日、米ニューヨークでの講演で、リオデジャネイロ五輪の閉会式にマリオ姿でサプライズ登場した場面が映され笑顔の安倍首相(ロイター)  21日、米ニューヨークでの講演で、リオデジャネイロ五輪の閉会式にマリオ姿でサプライズ登場した場面が映され笑顔の安倍首相(ロイター)

 【ニューヨーク=石鍋圭】訪米中の安倍晋三首相は21日午後(日本時間22日未明)、米ニューヨークで開かれている国連総会で一般討論演説を行った。核実験と弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮の軍事的脅威について「これまでとおよそ異なる次元に達した。国連安全保障理事会が明確な態度を示すべき時だ」と述べ、安保理による厳しい制裁措置の必要性を訴えた。

 首相は演説の冒頭で「北朝鮮はいまや平和に対する公然たる脅威として正面に現れた。今まさに国連の存在意義が問われている」と指摘。北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)や搭載する核弾頭の性能向上を図っていることに対し「力を結集し、北朝鮮の計画をくじかなくてはならない」と国際社会の連帯を呼びかけた。対北制裁については「もはや昨日までとは異なる新たな対処を必要としている」と述べ、安保理が実効姓のある強い制裁措置を迅速に示すよう促した。

続きを読む

関連ニュース

安倍晋三首相、国連演説で「喝!」 対中朝へ「安保理が一致して立ち向かえるか」

「ニュース」のランキング