産経ニュース

【政界徒然草】科学技術で日本は中国に追い抜かれたのか? 肝心の鶴保庸介科技担当相はスピード違反で書類送検され…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政界徒然草】
科学技術で日本は中国に追い抜かれたのか? 肝心の鶴保庸介科技担当相はスピード違反で書類送検され…

中国・酒泉衛星発射センターから打ち上げられる量子暗号通信の実験衛星「墨子号」搭載のロケット=8月16日(新華社=共同) 中国・酒泉衛星発射センターから打ち上げられる量子暗号通信の実験衛星「墨子号」搭載のロケット=8月16日(新華社=共同)

 まもなく今年のノーベル賞受賞者が発表される。ノーベル賞の中でも特に重みのある物理学、化学、医学・生理学の自然科学3賞では近年日本人の受賞が相次ぎ、その数はアジアの中でも群を抜いて多い。「日本の科学技術は世界最先端」であることを再確認できる名誉といえるが、忘れてはならないのが、受賞理由となった研究成果の多くが何年も前に得られたものだということだ。

 このことを言いかえれば、今後10年、20年経てば中国人が相次いでノーベル賞を受賞する時代が来るかもしれない。昨年初めて医学・生理学賞に女性薬学者の屠ユウユウ氏が選ばれたことは、今後の中国の受賞ラッシュを暗示しているようでもある。

 今さら言うまでもなく、資源に乏しい日本にとって科学技術は“生命線”だ。自らのスピード違反に絡めて自動運転の技術開発を論じる大臣に、日本の科学技術の明るい未来をどこまで期待すればよいのだろうか。(政治部 小野晋史)

このニュースの写真

  • 科学技術で日本は中国に追い抜かれたのか? 肝心の鶴保庸介科技担当相はスピード違反で書類送検され…

関連ニュース

スピード違反の鶴保庸介沖北相「申し訳なく思っている」陳謝 「選挙中、タイトな日程で焦っていた」

「ニュース」のランキング