産経ニュース

【共産党・志位和夫委員長会見詳報】野党共闘「後戻りすることはないと確信」 「野党共闘を続けていくことは民進党のコンセンサス」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【共産党・志位和夫委員長会見詳報】
野党共闘「後戻りすることはないと確信」 「野党共闘を続けていくことは民進党のコンセンサス」

第6回中央委員会総会を終え、記者会見する共産党の志位委員長=21日午後、東京都渋谷区の党本部 第6回中央委員会総会を終え、記者会見する共産党の志位委員長=21日午後、東京都渋谷区の党本部

 「野田内閣時代のさまざまな政策に対し、われわれがどういう態度を取ったかは改めて言うまでもない。それぞれ厳しく反対した。ただ、新しい執行部の一員として過去、いろいろな経過があったとしても、未来に向けて野党と市民の共闘を前進させていくという基本的立場で話し合っていけば、一致点が得られると私は思っている。そういう立場で話し合っていきたいと思っている」

 --野田幹事長は(当時)首相として(さまざまな政策を)行った。非常に重い判断と責任があった。政策面でのけじめがないまま共闘の道を歩むと、与党側から野党への攻撃が想定される。共産党の支持者から理解を得られるかという問題も出てくると思う。

 「可能な限り、安保法制、立憲主義の問題。これが中核的な合意点だが、可能な限り、それ以外の問題でも政策的な合意を広げる努力をやっていく。現にこれまでも野党4党として、アベノミクスによる国民生活の破壊、貧困と格差を是正する。TPP、沖縄問題にみられる国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない、等々の合意がある。今、言われた政策課題についても、『過去にそういう問題があった。じゃあ、今後どうするのか』ということについては、安保法制以外にも前向きな合意を作っていく努力をしていきたいと思う。これは今後の話し合いだ」

このニュースの写真

  • 野党共闘「後戻りすることはないと確信」 「野党共闘を続けていくことは民進党のコンセンサス」
  • 野党共闘「後戻りすることはないと確信」 「野党共闘を続けていくことは民進党のコンセンサス」

関連ニュース

共産、共闘頼みの“お家事情” 党員減少、深刻な党勢衰退

「ニュース」のランキング