産経ニュース

「都知事選を悪用しヘイトスピーチ」 在特会元代表の選挙運動、民団が人権救済申し立て

ニュース 政治

記事詳細

更新


「都知事選を悪用しヘイトスピーチ」 在特会元代表の選挙運動、民団が人権救済申し立て

 在日本大韓民国民団(民団)中央本部は21日、在日特権を許さない市民の会(在特会)の元代表の男性が7月の東京都知事選で選挙運動に名を借りてヘイトスピーチをしたとして、東京法務局に人権救済の申し立てをした。元代表に同様の行為をしないよう勧告することなどを求めた。

 申立書によると、都知事選に立候補した元代表は7月15日、東京都港区の韓国中央会館前の路上に選挙カーで乗り付けて「民団ろくでなしの集団」「民団の人間はさっさと日本から出て行け」などと発言したという。民団は「政治活動を悪用した差別的発言だ」としている。

 元代表は約11万票獲得したが落選。東京法務局は昨年12月、朝鮮大学校(東京都小平市)の前で「殺してやるから出てこいよ」などと脅迫的な言動を繰り返したとして、元代表に同様の行為をしないよう勧告していた。勧告に強制力はなく、従わなくても罰則はない。

関連ニュース

【iRONNA発】元在特会の桜井誠氏の「嫌韓」11万票は想定内だった?  縮みゆく東京の極右地図 古谷経衡(評論家・著述家)

「ニュース」のランキング