産経ニュース

一触即発? 民進・蓮舫代表が「反蓮舫」の都連幹部に「代表選で一丸となって支えてもらった」と皮肉

ニュース 政治

記事詳細

更新


一触即発? 民進・蓮舫代表が「反蓮舫」の都連幹部に「代表選で一丸となって支えてもらった」と皮肉

民進党の蓮舫代表=16日、東京都千代田区(撮影・春名中) 民進党の蓮舫代表=16日、東京都千代田区(撮影・春名中)

 民進党の蓮舫代表は16日午前、党本部で開かれた都連会合であいさつし、10月の衆院東京10区補欠選挙と来年夏の東京都議選について「とにかく勝てる組織に変えていかなければいけない。都連の一致結束した支えをいただいて、ともに頑張りたい」と述べた。

 都連会長の松原仁元国家公安委員長と都連幹事長の長島昭久元防衛副大臣は、蓮舫氏の台湾籍が除籍されずに残っていたことが判明した後、党執行部に代表選のやり直しを要求した有志20人に名を連ねた。

 蓮舫氏は松原、長島両氏を前に「都連のみなさま方におかれては松原会長、長島幹事長ともに、本当に一丸となってお支えいただいたことに改めて感謝申し上げる」と強烈な皮肉を述べたが、最後は両氏とがっちり握手を交わし、“ノーサイド”を演出した。

関連ニュース

【民進党代表選】丸川珠代五輪相「蓮舫新代表はテレビ朝日でも、ママ政治家でも先輩」「今後の活躍に注目」

「ニュース」のランキング