産経ニュース

【蓮舫「二重国籍」】民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【蓮舫「二重国籍」】
民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず

 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳のときに抜いたという認識だった台湾籍が残っていた」と明らかにし、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。

 蓮舫氏側は今月6日に台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾籍を放棄する書類を提出しており、手続きが進められている。

 立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。

 蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、代表処で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明。関係者が今月6日に代表処で台湾籍の除籍を照会したところ、確認が取れず台湾籍を放棄する手続きも行った。蓮舫氏によると、12日夕に代表処から籍が残っている連絡があったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず

「ニュース」のランキング