産経ニュース

【民進党代表選】蓮舫代表代行「心が折れそうになった書き込みもあった」 「二重国籍」問題の会見詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進党代表選】
蓮舫代表代行「心が折れそうになった書き込みもあった」 「二重国籍」問題の会見詳報

前原誠司元外相(左)、玉木雄一郎国対副委員長(中央)とともに街頭演説する蓮舫代表代行=6日、高松市(前川康二撮影) 前原誠司元外相(左)、玉木雄一郎国対副委員長(中央)とともに街頭演説する蓮舫代表代行=6日、高松市(前川康二撮影)

 「ただ、やりとりが台湾語だったものですから、私、台湾語分かりませんので、どういう作業が行われたのか、ちょっと全く覚えていませんし、母も父に任せていました。母も日本語しか分かりませんから。私はそのうえにおいて台湾籍放棄の手続きをしたと、父を信じて今に至る」

 「ただ今回、一部指摘がありましたので改めて台湾に確認を求めていますが、いまなおまだ確認が取れていないんです。31年前のことで、少し時間がかかるかもしれないと。その確認が取れていないこともありましたが、この確認をとる確認の作業の間にも、父が否定されるような言いぶりがあるのはちょっと受け止めがたいので、今日なんですけど、台湾の代表処に対しまして、台湾籍を放棄する書類をこれ提出しました」

 「そのことによってしっかり、私は日本の法律の下で日本人です。改めて、今確認が取れていないものは確認とりますが、同時に、台湾籍を放棄する手続きをしました。いろいろとほんとにご心配をかけたことを申し訳なく思います。ただ私は日本人だということを改めて申し上げます」

「ニュース」のランキング