産経ニュース

民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

会見する民進党の岡田克也代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 会見する民進党の岡田克也代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 2番目にシールズが解散した。シールズの果たした役割は非常に大きくて、いわば自然発生的にというか、彼らも何らかの組織に属しているわけではなくて、学生たちの思いの中で自主的にそういった活動が始まり、全国的なうねりになった。今回解散するというのも彼ららしいと思うが、若い世代が政治に対してしっかりと声を上げていくというのは、非常に健全な民主主義の一つのあらわれであって、これからもいろんな形でそういった若い世代の発信がある、行動があるということは、非常に期待できるのではないかと思う。

 わが党としても、もちろんシールズならシールズ、彼らは一つの思いを持って作られているわけだから、政党との関係は、緊張関係をはらむものでもあるが、共闘できるところはしっかり共闘していく。そういう関係を今後ともさまざまな若い世代の集まり、団体と協力していきたいと考えている。

リオ五輪

 最後にオリンピック。私もお盆の間、部屋の片付けなどしながら、「ながら族」でいろんな競技を見た。特に女性の活躍が非常に目立っている。柔道もそうだが、卓球、バドミントンということで、非常に心強く思っている。これからも、さらにメダルの数を増やしてもらいたい。メダルまで到達できなくても、その過程で非常に頑張った、そういう場面もたくさんあったので時間のある限り、これからも見守っていきたい。

《会見は記者との質疑応答に移った》=(下)に続く

このニュースの写真

  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」
  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」
  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

関連ニュース

民進・岡田克也代表会見詳報(下)安倍晋三首相の“ゴルフ三昧”に舌鋒鋭く…と思いきや、「悪いことじゃない」

「ニュース」のランキング