産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】日韓「慰安婦」合意は一体何だったのか? 韓国議員団による竹島上陸の「無礼」に政府は厳しい対応を

ニュース 政治

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
日韓「慰安婦」合意は一体何だったのか? 韓国議員団による竹島上陸の「無礼」に政府は厳しい対応を

 わが耳を疑った。韓国与野党の議員団が8月15日、わが国固有の領土である竹島(島根県隠岐の島町)への上陸を強行したのだ。日韓は12日、元慰安婦の支援財団に日本政府が10億円を拠出することで大筋合意したばかり。これが未来志向で友好をうたう国家がやることだろうか? 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺をうろつく中国と同じではないか。

 竹島に上陸したのは与党セヌリ党を含む計10人の超党派議員団。上陸目的について「日本が独島(韓国での呼称)の領有権を主張し続ける中、光復節(15日)を迎え、韓国の領土を守る意志を国民に伝えたい」などと説明しているという。

 竹島上陸は、日本による朝鮮半島統治からの解放記念日の「光復節」に合わせた国内向けの政治的パフォーマンスの色合いが濃い。2012年に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が現職大統領として初めて上陸、大きな波紋を呼んだことも記憶に新しい。

 日本政府は外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が13日、韓国の李煕燮(イ・ヒソプ)駐日公使に「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れることはできない。極めて遺憾だ」と電話で伝え、計画の中止を要請。外務省幹部は「(慰安婦問題に関する)日韓合意で改善しつつある日韓関係に水を差す動きだ」と批判した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日韓「慰安婦」合意は一体何だったのか? 韓国議員団による竹島上陸の「無礼」に政府は厳しい対応を
  • 日韓「慰安婦」合意は一体何だったのか? 韓国議員団による竹島上陸の「無礼」に政府は厳しい対応を

「ニュース」のランキング