産経ニュース

中国公船が尖閣周辺航行 12日連続

ニュース 政治

記事詳細

更新


中国公船が尖閣周辺航行 12日連続

 海上保安庁は14日、 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船4隻が航行しているのを確認した。8月に入って中国の公船や漁船の動きが活発化しており、尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは12日連続。

 一方、尖閣諸島北西の公海で中国漁船とギリシャ船籍の大型貨物船が衝突した事故で、海保は14日も行方不明者の捜索を続けた。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、接続水域の4隻は海警2102、海警2166、海警2307、機関砲のようなものを搭載した海警33115。領海に近づかないよう巡視船が警告している。

「ニュース」のランキング