産経ニュース

【小池知事定例会見録】「のり弁のよう…」舛添氏の黒塗り資料に究極ダメ出し 組織委もターゲットに

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「のり弁のよう…」舛添氏の黒塗り資料に究極ダメ出し 組織委もターゲットに

定例記者会見を行う小池百合子都知事=12日午後、新宿区の都庁 定例記者会見を行う小池百合子都知事=12日午後、新宿区の都庁

 --先日、昨年度の都議会の政務活動費の収支報告書が報告されたが、中には黒塗りにされている領収書などがあった。今後、知事は政務活動費について改めていく考えはあるのか

 「先ほどご紹介いたしましたように、行政の側の情報公開で、黒から白へということ、これを例として出させていただきました。利権云々の話は改革本部の方で扱わせていただきますけれども、議会におけるお金の使い道については、第一義的には議会の方でお決めになることではないだろうかと思っております。都政側というか行政側でこのような情報公開をしていくということは、すなわち全体的な影響に及んでいくのではないかと思っております」

 --知事として改善していくべき点というのはどんなところにあると思うか

 「それは、議会の皆様方が議員で、都民に選ばれているということであるならば、そういうご判断もあるかというか、そういうご判断にならざるを得ないのではないかと、こう思っております」

 --築地市場移転に関して、市場関係者から話を聞くときに、頭撮りだけというのは見える化、透明化からすると反するのではないか。今後は、ヒアリング、意見交換会などはオープンな場で進めるのかどうか

 「今日は、先方との関係もこれあり、立て付けはそうさせていただきました。要は、どうやって結果を出すのか、また、ご要望については、それにどう改善を目指していくのかということで、結果をご覧いただければ、おのずと分かってくることだと思っております。見える化、100%ということも必要かと思いますけれども、まずそれによって、よりよい効果を出すためということであるならばケース・バイ・ケースであると、このように考えております」

続きを読む

「ニュース」のランキング