産経ニュース

【防衛白書】中国の動き「強く懸念」 北の核小型化・弾頭化の可能性

ニュース 政治

記事詳細

更新

【防衛白書】
中国の動き「強く懸念」 北の核小型化・弾頭化の可能性

先島諸島周辺の接続水域を通過した中国艦艇のルフ級駆逐艦112(防衛省提供) 先島諸島周辺の接続水域を通過した中国艦艇のルフ級駆逐艦112(防衛省提供)

 中谷元(げん)防衛相は2日午前の閣議で平成28年版防衛白書を報告し、了承された。今年6月に中国海軍艦艇が日本の領海内を航行したことについて「わが国周辺海域における行動を一方的にエスカレートさせており、強く懸念される状況となっている」と危機感を鮮明にした。北朝鮮の核・ミサイル開発に関しては「核兵器の小型化・弾頭化の実現に至っている可能性も考えられる」とした。

 中国と北朝鮮の活動が活発化していることを踏まえ、両国に割いたページ数は27年版白書の計38ページから計48ページに増えた。

 南シナ海の軍事拠点化を含む中国の動向に関しては前年度まで「今後の方向性について懸念を抱かせる側面がある」としていた部分を今年度は「強い懸念」と表現。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺や南シナ海での活動を踏まえ、警戒レベルを引き上げたことを示した。

続きを読む

「ニュース」のランキング