産経ニュース

閣僚辞任の甘利明氏、約半年ぶりに国会復帰 自民党代議士会で「ご迷惑おかけした」と陳謝

ニュース 政治

記事詳細

更新


閣僚辞任の甘利明氏、約半年ぶりに国会復帰 自民党代議士会で「ご迷惑おかけした」と陳謝

第191臨時国会の衆院本会議を終え、安倍晋三首相にあいさつする甘利明前経済再生担当相(右)=1日午後、国会(斎藤良雄撮影) 第191臨時国会の衆院本会議を終え、安倍晋三首相にあいさつする甘利明前経済再生担当相(右)=1日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 1月に現金授受問題の責任をとって閣僚を辞任し、その後「睡眠障害」として国会を休んでいた自民党の甘利明前経済再生担当相が1日、約半年ぶりに国会に姿を見せた。甘利氏は党代議士会に出席し、「大変なご心配とご迷惑をおかけした」と陳謝した。

 甘利氏は、道路新設工事をめぐる千葉県の建設業者と都市再生機構(UR)との補償交渉に関し、あっせん利得処罰法違反罪などで刑事告発されていたが、東京地検特捜部は不起訴処分としていた。7月には東京第4検察審査会も「不起訴相当」と議決した。

 甘利氏は代議士会で「心が折れそうにあることが何度もあったが、私を信じ支えていただいた皆さんのおかげで乗り切ってくることができた」と謝意を述べた。

 また、「不起訴相当」の議決に触れ、「私が辞任会見以降、ずっと申し上げてきた事実関係が理解されたものと思っている」と指摘。同審査会が元秘書2人の告発内容の一部について「不起訴不当」としたことを念頭に「引き続き捜査の上で、もう一度判断を求めることになった。推移を見守っていきたい」と述べた。

「ニュース」のランキング