産経ニュース

【東京都知事選】鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都知事選】
鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝

選挙事務所で支援者やスタッフを前に敗戦の弁を述べる鳥越俊太郎氏=31日、東京都港区南青山(宮川浩和撮影) 選挙事務所で支援者やスタッフを前に敗戦の弁を述べる鳥越俊太郎氏=31日、東京都港区南青山(宮川浩和撮影)

 「準備不足もあったし、選挙妨害に近い事実無根の報道もあったが、基本的には私の力不足。期待を寄せていただいた都民やスタッフに申し訳ない」。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は港区の選挙事務所で、集まった支援者に頭を下げた。

 野党統一候補となった鳥越氏が出馬を表明したのは告示2日前。選挙公約にあたる「政策集」をホームページで発表したのは、告示翌日の15日だった。自身の闘病経験から独自政策の「がん検診100%」を打ち出したほか、「住んでよし、働いてよし、環境によし、学んでよし」という「4つのよし」をスローガンに、「待機児童ゼロ」「待機高齢者ゼロ」「原発ゼロ」などを訴えたが、選挙活動の遅れを挽回(ばんかい)することができなかった。

 「初めての選挙戦で、終わって、正直なところ、ほっとしている」と鳥越氏。「得難い経験をさせて頂いた。本当に手応えはあった。皆さんに一緒に戦っていただいたこと、何の後悔もありません」と話した。

 選挙中には「週刊文春」「週刊新潮」が鳥越氏の女性問題を掲載。鳥越氏側は、記事は事実無根として、公選法違反罪(選挙妨害)や名誉毀損(きそん)罪で東京地検に告訴状を提出しており、鳥越氏は選挙戦への影響について「多少はあったと思う」と分析した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝
  • 鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝
  • 鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝
  • 鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝
  • 鳥越俊太郎氏「選挙妨害に近い報道あったが、私の力不足」と支援者に陳謝

「ニュース」のランキング