産経ニュース

「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意

ニュース 政治

記事詳細

更新


「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意

安倍晋三首相(右から2人目)らに、北方領土への思いを伝える北方少年の中学生=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 安倍晋三首相(右から2人目)らに、北方領土への思いを伝える北方少年の中学生=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は28日、官邸で北方領土の元住民の孫やひ孫の表敬を受けた。首相は9月に訪れるロシア極東のウラジオストクで「プーチン大統領と会談する」と述べ、平和条約締結交渉を進めたい考えを示した。

 中学3年生の武藤朱絵瑠(じゅえる)さん(15)は「首相はプーチン氏と交流、会談し、ちゃんと北方領土のこと考えてくれているんだと思ってうれしくなった」と語った。

 これに対し首相は「平和条約締結は日本の悲願だ。皆さんが自由に東京に来るのと同じように北方四島に足を運べる新しい時代を作っていきたい」と応じた。

このニュースの写真

  • 「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意
  • 「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意
  • 「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意
  • 「平和条約締結は日本の悲願」 安倍晋三首相、元北方領土島民の子孫の表敬に決意

「ニュース」のランキング