産経ニュース

【東京都知事選】序盤情勢 都民の選択は「政策」重視

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都知事選】
序盤情勢 都民の選択は「政策」重視

最重視する争点と支持傾向 最重視する争点と支持傾向

 ■(1)教育(2)医療(3)行財政改革

 産経新聞社の東京都知事選に関する世論調査で、都民が「投票で最も重視する」と答えた基準ごとに、主要候補の支持傾向を分析すると、元防衛相の小池百合子氏(64)は「政治経験」、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は「人柄」「お金に対するクリーンさ」、元総務相の増田寛也氏(64)は「行政経験」を高く評価されている。「政策」を重視する都民の3割強は小池氏を支持、約2割が鳥越氏で、増田氏の支持は2割に届かなかった。

 世論調査によると、最も重視する基準に「政策」を挙げた都民は37%だった。その心を最も多くつかんだのは「東京大改革」をスローガンに、都議会の冒頭解散などを訴えた小池氏だ。次いで、公約の発表が遅れ、「がん検診」の受診率100%を目指すなどとした鳥越氏。待機児童の早期解消、世界一の魅力あふれる東京の実現などを訴える増田氏が、2人に続く。

続きを読む

「ニュース」のランキング