産経ニュース

「ETC2・0」活用し高速バスすいすい 渋滞避け鉄道乗り換えも 東京五輪を視野に実用化へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


「ETC2・0」活用し高速バスすいすい 渋滞避け鉄道乗り換えも 東京五輪を視野に実用化へ

高速バスの渋滞回避のイメージ 高速バスの渋滞回避のイメージ

 政府は、首都圏を走る自動車の位置情報や走行履歴といったビッグデータを活用し、高速バスが渋滞を回避してスムーズに走行できるよう支援する運行管理システムの実用化の検討を始めた。データをバス運行会社と共有し、ルート変更や他の交通機関への乗り換えなどが柔軟にできるようにする。遅れが許されない空港行きのバスなどで利用し訪日外国人旅行者の利便性を高めるほか、交通規制と円滑な移動の両立が不可欠となる平成32年の東京五輪・パラリンピックでの活用も視野に入れている。

 国土交通省が新システムの効果や実現可能性についての研究を始めており、29年度予算の概算要求にも調査費を盛り込む。

 ビッグデータの収集には高速道路の自動料金収受システム(ETC)で、双方向通信が可能な「ETC2・0」を活用する。対応機器を搭載した車が高速道路に設置されたITSスポットと呼ばれるアンテナを通過すると位置情報や速度、時刻などのデータが記録される仕組み。渋滞などの道路状況がリアルタイムで把握できる。

続きを読む

「ニュース」のランキング